コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニレ科 ニレかUlmaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニレ科
ニレか
Ulmaceae

双子葉植物イラクサ目の木本科。約 15属 200種がある。おもに北半球温帯から亜熱帯に分布する。葉は互生し,単葉で二重鋸歯をもち,基部は不対称のものが多い。花は小さく群がってつき,萼片は4~8枚,同数おしべがある。両性花または雌雄同株,多くの種では果実が翼果である。ニレケヤキムク,エノキ,ウラジロエノキなどの諸属がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニレ科
にれか
[学]Ulmaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉ときに常緑の高木または低木。葉は互生し、単葉で基部は左右非相称のことが多い。托葉(たくよう)は早落性。花は小さく、両性または単性。花被(かひ)片は4~6裂し、雄しべは花被片と同数、それと対生の位置につく。雌しべは1本で二心皮からなり、子房は1、2室。果実は堅果、核果、または翼果。約15属150種あり、多くは北半球の温帯に分布するが、熱帯にもある。日本にはエノキ属、ケヤキ属、ムクノキ属、ニレ属、ウラジロエノキ属の5属12種がある。[伊藤浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニレ科の関連キーワード小葉朝鮮榎加条朴樹牟久乃殺西洋春楡雌椋木蝦夷榎榎実木牟久木裏白榎裏白椋山空木介夜木椋子樹川原欅榔楡椋榎牟久於瓢犬欅樸樹

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニレ科の関連情報