コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニレ科 ニレかUlmaceae

2件 の用語解説(ニレ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニレ科
ニレか
Ulmaceae

双子葉植物イラクサ目の木本科。約 15属 200種がある。おもに北半球の温帯から亜熱帯に分布する。葉は互生し,単葉で二重鋸歯をもち,基部は不対称のものが多い。花は小さく群がってつき,萼片は4~8枚,同数のおしべがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニレ科
にれか
[学]Ulmaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉ときに常緑の高木または低木。葉は互生し、単葉で基部は左右非相称のことが多い。托葉(たくよう)は早落性。花は小さく、両性または単性。花被(かひ)片は4~6裂し、雄しべは花被片と同数、それと対生の位置につく。雌しべは1本で二心皮からなり、子房は1、2室。果実は堅果、核果、または翼果。約15属150種あり、多くは北半球の温帯に分布するが、熱帯にもある。日本にはエノキ属、ケヤキ属、ムクノキ属、ニレ属、ウラジロエノキ属の5属12種がある。[伊藤浩司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone