コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボー・テアトル ヌーボー・テアトル nouveau théâtre(仏)

2件 の用語解説(ヌーボー・テアトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーボー・テアトル
ヌーボー・テアトル
nouveau théâtre(仏)

1950年代にフランスを中心として現れた前衛劇のこと。アンチ・テアトル (反演劇) または不条理の演劇もほぼ同じものを指す。 1950年に初演された E.イヨネスコの『禿の女歌手』,あるいは 53年に上演された S.ベケットの『ゴドーを待ちながら』などが,ヌーボー・テアトル始まりである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌーボー・テアトル

アンチ・テアトル(反演劇)とも。1950年代,フランスを中心に起こった演劇運動。ヌーボー・ロマンと呼応して既成の演劇形式を大胆に破壊し,不条理の世界観に基づく新しい演劇伝統を標榜(ひょうぼう)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のヌーボー・テアトルの言及

【前衛劇】より

…また,ドイツのB.ブレヒトの異化の手法を用いての問題発見とその解決を観客に迫る叙事演劇(のちには弁証法の演劇)も,その時代の,そして時代を超えた〈前衛精神〉の発露として多くの人々の共鳴するところとなっている。 さらに第2次世界大戦後には,1950年代のフランスを中心に現れた〈不条理absurdité〉または〈嘲弄dérision〉,さらには〈アンチ・テアトルanti‐théâtre(反演劇)〉,あるいはのちには単に〈ヌーボー・テアトルnouveau théâtre(新しい演劇)〉などと呼ばれた一群の演劇がある。いわば,その後60年代から70年代前半にかけての世界的規模での前衛劇運動の高まりの原動力となったものであり,また狭義にはこの一連の動きのみをいわゆる〈前衛劇〉と考える人も少なからずいるという点で,いずれにせよこれらの新しい演劇は,20世紀演劇における前衛精神を考える上では,とりわけ大きな意味をもつということができるだろう。…

※「ヌーボー・テアトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌーボー・テアトルの関連キーワードイルドフランスケルゲレン諸島ジャポニスムデカダンス不条理演劇フランス文学ロンドヴェーグ四重奏団グランボアランスロ物語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone