コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネアポリ考古学公園 ネアポリコウコガクコウエン

2件 の用語解説(ネアポリ考古学公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネアポリこうこがく‐こうえん〔‐カウコガクコウヱン〕【ネアポリ考古学公園】

Parco Archeologico della Neapoli》イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の都市シラクサにある公園。紀元前5世紀頃の円形劇場、紀元後3世紀頃の円形闘技場ヒエロン2世の祭壇、天国の石切り場など、古代ギリシャローマ時代の遺跡が数多くある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネアポリこうこがくこうえん【ネアポリ考古学公園】

イタリア南部、シチリア島の遺跡の町シラクザシラクーザ、Siracusa)にある遺跡公園。古代ギリシア・ローマの遺跡が残る一角が公園として整備されている。この公園内には、紀元前5世紀ごろにつくられた1万5000人を収容するギリシア劇場(シチリア最大の円形劇場)、古代に監獄として使われていた巨大洞窟オレッキオディディオニジオ、ギリシア時代の石切場ラトーミアデルパラディーソ、ローマとカルタゴが戦った紀元前3世紀半ばの第一次ポエニ戦争当時、シラクサを支配していたヒエロン2世の祭壇などがある。シラクサは、紀元前8世紀にギリシア人が建設した植民市(シュラクサイ)を起源とする町で、古代ギリシア、カルタゴ、ローマ、東ローマ帝国サラセン帝国神聖ローマ帝国などが統治してきた歴史を持つ。シチリアの中心がパレルモに移る9世紀以前は、同島の中心都市だった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネアポリ考古学公園の関連キーワードシャッカシラクサアレトゥーザの泉オルティジア島シラクサ大聖堂バゲリーアパンタリカモツィアモンレアーレリパリ島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone