コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオレアリスム Néo-réalisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオレアリスム
Néo-réalisme

近代美術の一傾向で,新写実主義を意味する。しかしこの語は必ずしも明確な概念をもつものではなく,19世紀前半のレアリスムのあとに現れた写実主義的傾向に対し,便宜的に名づけたもの。たとえば G.クールベの写実主義の精神が現代的に現れた傾向をさしたり,1930年代以後の M.ブリアンションやブランソン一派の方向をいう場合もあり,さらにロシアの社会主義リアリズムやメキシコの民族的前衛絵画などをさしていう場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネオ‐レアリスム(〈フランス〉néo-réalisme)

しだいに写実から離れていく現代絵画に対して、写実主義の再生を主張するもの。新写実主義。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android