コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクセ ネクセ Nexø, Martin Andersen

5件 の用語解説(ネクセの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクセ
ネクセ
Nexø, Martin Andersen

[生]1869.6.26. コペンハーゲン
[没]1954.6.1. ドレスデン
デンマークの小説家。石工の子として生れ,スラムで極貧のうちに育った。正規の教育を受けず,牧童,靴屋の徒弟などをして育ち,のちある人の援助で父の故郷ボーンホルム島とアスコウの国民高等学校に学び,しばらく教職についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネクセ(Nexø)

アンデルセン=ネクセ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ネクセ【Martin Andersen Nexö】

1869~1954) デンマークの小説家。プロレタリア文学者。代表作「勝利者ペレ」「人の子デイッテ」など。アンデルセン=ネクセ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネクセ
ねくせ
Martin Andersen Nex
(1869―1954)

デンマークの小説家。コペンハーゲンで極貧の石工の子に生まれ、のちボーンホルム島で育つ。国民高等学校で学び、卒業後同校の教師を勤めるが、健康を害しスペインで療養生活に従う。そのころから社会主義に傾き、小説を書き始める。初期作品は農民や職人に取材し地方色が濃い。彼の名を世界に広めたのは、貧窮を生き抜き革命的労働者に成長する一人物の生涯をたどる4巻の大作『勝利者ペレ』(1906~10)で、この作で西欧の代表的プロレタリア作家となる。ほかに『人の子ディッテ』5巻(1917~21)、ソ連紀行『暁をめざして』(1924)、自伝『小さい餓鬼(がき)』(1932)に始まり『野天の下で』(1935)以下に続く連作や、最後の大作『赤いモルテン』(1945)も著名。筆致は自然主義風でやや平板であるが、体験に支えられた細部の豊かさと、ヒューマンな味を特色とする。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネクセの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派コペンハーゲンブルーストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバルコペンハーゲン言語学集団コペンハーゲン大学天文台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネクセの関連情報