ネコ2世(読み)ネコにせい(英語表記)Necho II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代エジプト第 26王朝3代目の王 (在位前 610~595) 。プサムティク1世の子。新興新バビロニアに敗れたアッシリアを救援するために軍を進め,新バビロニアの同盟国ユダの王ヨシヤメギドの戦いで殺し,エホアハズ王を退位させパレスチナ足場を築いたが,前 605年カルケミシュの戦いで新バビロニア王ナボポラッサルの息子ネブカドネザル2世大敗を喫した。前 601年にはエジプト本土をも攻撃されたが,このときは敵を撃退シリアとパレスチナで反バビロニア勢力の拡充をはかった。しかし彼自身は敗戦に懲りて再びエジプトを出ようとはしなかった。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによれば彼はアフリカ一周の遠征航海を実現させた。また紅海とナイル川を結ぶ運河の建設を試みたが,神託に従って中止したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android