コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネタニヤ ネタニヤ Netanya

3件 の用語解説(ネタニヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネタニヤ
ネタニヤ
Netanya

ナタニアともいう。イスラエル中西部,地中海沿岸の都市。テルアビブヤフォの北方約 30kmに位置する。 1928年,アメリカ系ユダヤ商人で慈善家のネイサン・ストラウスの名をとって町の名称とし,29年にユダヤ移民が入植,住宅都市として成長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネタニヤ(Netanya)

イスラエル北西部の都市。地中海に面しテルアビブヤッファの北約30キロメートルに位置する。1920年代に建設され、欧米系のユダヤ人移民が多く入植した。果樹栽培の中心地として発展。入植間もない頃から観光地化が進められ、現在は海岸保養地としても知られる。ネタニア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネタニヤ
ねたにや
Netanya

イスラエル中部、地中海沿岸の都市。ハイファテル・アビブの中間に位置する。人口16万3700(2001)。1929年にユダヤ人の入植地として建設され、果樹栽培の中心地として、また海岸地域の交通、通信の要地として発展した。海水浴場のある保養地でもある。産業はダイヤモンド研磨、食品加工、薬品、ビール製造、機械などの工業が盛んである。[高橋和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネタニヤの関連キーワードアシュケロンヤッファテルアビブヤッファナハリヤカイザリヤサフェドヘルツリヤローシュハニクラズリテンイスラエル60

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネタニヤの関連情報