コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネフロン ネフロンnephron

6件 の用語解説(ネフロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネフロン(nephron)

腎小体とそれに連なる細尿管とを合わせたもの。腎臓の機能および構造上の単位とみなされ、腎小体で血液から濾過(ろか)された原尿が、細尿管で再吸され、尿が生成される。腎単位。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネフロン

腎単位とも。1個の腎小体とそれに続く尿細管を一括した呼称。腎臓の構造上・機能上の単位。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ネフロン

 腎組織にある尿を生成する装置の単位.糸球体,尿細管,ヘンレ係蹄毛細血管系で構成される.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネフロン
ネフロン

腎単位」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネフロン
ねふろん
nephron英語
Nephronドイツ語

腎臓(じんぞう)の実質内の腎小体(マルピーギ小体)と尿細管とから構成される微小な構造物で、尿生成の構造単位(腎単位)となる。ネフロンは腎実質に規則正しく配列し、両腎あわせて約200万個あるとされる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネフロンの言及

【腎臓】より

… 外形も動物により異なり,一般には左右1対であるが,軟骨魚類や硬骨魚類のように左右が融合したり,鳥類のように前・中・後葉と3葉に分葉したり,哺乳類の腎臓でも普通にみられるソラマメ型から多くの小腎からなる葉状腎をもつものまで多様である(図3)。 腎臓は多数の腎単位,すなわちネフロンnephronの集合したもので,腎単位は腎小体(ラテン名corpusculum renis,英名renal corpuscle)と尿細管(ラテン名tubulus renalis,英名renal tubule)とからなり,排出機能を営む一つの構造単位である。腎動脈血の供給を受けている糸球体とそれを包むようにしてボーマン囊Bowman’s capsuleがあり,この両者をいっしょにして腎小体という。…

【尿】より

… 尿にはそのほか微量であるが,ウロビリノーゲン,各種ホルモン(特にステロイドホルモン),カテコールアミン代謝産物,酵素(アミラーゼなど)が含まれるが,これらの異常増加の場合,および正常の尿にはごく微量しか含まれない糖,アミノ酸,タンパク質,アセトン体,ビリルビン,さらには赤血球,ヘモグロビン,白血球,細菌などがみられる場合には,臨床医学的に問題となる。
[尿の生成]
 腎臓はネフロンと呼ばれる機能的構造的単位が多数(片側で約100万本)集まった臓器であり,1本のネフロンは糸球体とそれを包む小さい袋(ボーマン囊),それに続く近位尿細管,ヘンレ係蹄(けいてい),遠位尿細管(この3部分を合わせて尿細管という)の各部からなる(図2)。(1)糸球体ろ過 腎臓での尿生成は糸球体における血漿のろ過に始まる。…

※「ネフロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネフロンの関連情報