コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーデルラント楽派 ネーデルラントがくは

3件 の用語解説(ネーデルラント楽派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーデルラント楽派
ネーデルラントがくは

「フランドル楽派ブルゴーニュ楽派」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーデルラントがくは【ネーデルラント楽派 Netherlands school】

音楽史の用語。15,16世紀にヨーロッパで栄えた国際的な楽派で,フランドル楽派と同義。〈ネーデルラント楽派〉という呼び名は誤解を招きやすいので,最近では〈フランドル楽派〉あるいは〈フランコ・フランドル楽派〉〈フランスベルギー楽派〉という名称が使われるようになってきた。ネーデルラントは広義には低地地帯を意味するものの,狭義にはオランダを指す。しかし,この楽派の作曲家はほとんど北フランスかベルギー出身者で占められており,オランダ出身者はきわめて少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のネーデルラント楽派の言及

【音楽】より

…前述のとおり,15世紀前半のブルゴーニュ楽派は中世的要素と近世的要素を併せもつ過渡期であるが,3度和声の新しい響きに注目して,これを初期ルネサンスに分類することも多い。15世紀後半に入ると,ブルゴーニュ公国の属領であったフランドル地方の音楽がヨーロッパ各地の宮廷や教会で重要な地位を占め,16世紀後半にいたるまで,一般にフランドル楽派と呼ばれる全ヨーロッパ的な様式を確立する(ドイツでは,ブルゴーニュ楽派とフランドル楽派を合わせてネーデルラント楽派と呼ぶことが多い)。初期のJ.オケヘム(オケゲム)とJ.オブレヒトから,最盛期の代表者ジョスカン・デ・プレをへて後期のO.deラッスス(ラッソ)にいたるこの楽派の多彩な展開の中で,おもにミサ曲やモテットなどの宗教音楽を通じて,その後西洋和声の中心となる4声書法,やがてバッハのフーガに結晶する通模倣様式,すなわち同一の楽想をすべての声部で順次模倣する対位法様式(対位法)が確立され,高度な技法によって形式の完璧な調和が達成されると同時に,特にジョスカン・デ・プレやラッススの音楽には形式の均整美に加えて豊かな人間感情の表現が認められる。…

※「ネーデルラント楽派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone