コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノアザミ(野薊) ノアザミCirsium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノアザミ(野薊)
ノアザミ
Cirsium japonicum

キク科の多年草。北海道を除く日本各地の山野に最も普通に生える。春から夏に咲くアザミはこの種だけである。茎は高さ 50~100cmとなり,上部で分枝する。葉は互生し,長さ 20~40cmの長楕円形で羽状に中裂し,縁に多くのとげがある。茎の上部の葉ほど小さく,柄もなくなる。また葉の両面に毛がある。5~8月頃に,枝先に紅紫色の管状花だけから成る頭花が直立して上向きに開く。まれに白色や紅色のものがある。総包はやや球形で径約 2cm,多少クモの糸状の毛がある。外側の総包片は直立し,先に鋭いとげがあり,粘着性がある。観賞用に栽培され,その改良品はドイツアザミ,あるいはハナアザミと呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android