コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノガイ族 ノガイぞくNogai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノガイ族
ノガイぞく
Nogai

北カフカスのダゲスタン共和国を中心に居住する民族。カラチャイチェルケス共和国やブルガリアルーマニアトルコなどにも住む。祖先はモンゴル人であったが,チュルク語系のポロベツ族と混交し,その言語を取入れた。その結果言語はチュルク諸語のキプチャク語群に属する。かつて基本的生業は遊牧による牧畜 (馬,羊,らくだ,牛) であったが,西の平野部では農業が営まれた。イスラム教が特に支配階層に信奉されていたが,1917年社会主義革命以降ソ連時代には,遊牧民の定着化が進み,社会,経済,文化の面に根本的変貌がみられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノガイぞく【ノガイ族 Nogaitsy】

ロシア連邦,北カフカスの南部に住む民族。キプチャク・ハーン国を構成したトルコ系・モンゴル系遊牧民の末裔で,人口7万3700(1989)。チュルク語系のノガイ語を話し,宗教的にはイスラムスンナ派に属する。13世紀後半,ジュチハーンの曾孫のノガイは,ドン,ドナウ両川間の広大な地域に勢力を扶植したが,彼の子孫エディギュ(エディゲイ)は14世紀末~15世紀初めに事実上の独立国家ノガイ・オルダ(ノガイ・ハーン国)を建て,主都をヤイク川下流のサライチク(サライジュク)に置いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のノガイ族の言及

【ソビエト連邦】より

…ユーラシア大陸の北部,ロシアの地に存在した歴史上初めて誕生し,終焉した社会主義体制の国家である。その国土は広大で,北極海をはさんで対峙(たいじ)する資本主義・民主主義の国アメリカ合衆国と対抗し,世界政治に圧倒的な影響力をもった。この国の1917年以前の歴史,文化については〈ロシア〉〈ロシア帝国〉,1991年以後の国家の状況については〈ロシア連邦〉〈独立国家共同体〉などの項を参照されたい。
【名称】
 〈ソビエト〉とはロシア語で〈会議〉の意味であるが,1917年の二月革命で各地に〈労働者・兵士代表ソビエト〉,〈農民ソビエト〉が生まれ,それらを母体に,十月革命後,ロシア,ウクライナ,白ロシア(ベロルシア)の三つのソビエト社会主義共和国が成立した。…

※「ノガイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報