コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノガイ語 ノガイごNogai (Nogay) language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノガイ語
ノガイご
Nogai (Nogay) language

ロシア,北カフカスカラチャイチェルケス共和国およびダゲスタン共和国で話されている言語。話し手約5万 5000人。カザフ語タタール語などとともにチュルク諸語の北西方言 (キプチャク方言) に分類される。内部は3つの方言に分れる。カラチャイチェルケス共和国の白ノガイ方言,ダゲスタン共和国の黒ノガイ方言と中央ノガイ方言である。 1938年からロシア文字による文字言語をもった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノガイ語
のがいご
Nogay

トルコ系諸言語の一つ。ロシア連邦の北カフカス(コーカサス)地方、カラチャエボ・チェルケシア共和国、ダゲスタン共和国などで約6万人(1989)が使用している。トルコ語族のうち中央語派に属し、カラカルパク語などと近い関係にあるが、南方語派からの影響もみられる。ロシア革命前までノガイ文語はなかったが、現在はキリル文字を基礎にした正書法が行われている。[竹内和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のノガイ語の言及

【ノガイ族】より

…キプチャク・ハーン国を構成したトルコ系・モンゴル系遊牧民の末裔で,人口7万3700(1989)。チュルク語系のノガイ語を話し,宗教的にはイスラムのスンナ派に属する。13世紀後半,ジュチ・ハーンの曾孫のノガイは,ドン,ドナウ両川間の広大な地域に勢力を扶植したが,彼の子孫エディギュ(エディゲイ)は14世紀末~15世紀初めに事実上の独立国家ノガイ・オルダ(ノガイ・ハーン国)を建て,主都をヤイク川下流のサライチク(サライジュク)に置いた。…

※「ノガイ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone