コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノガイ語 ノガイご Nogai (Nogay) language

2件 の用語解説(ノガイ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノガイ語
ノガイご
Nogai (Nogay) language

ロシア,北カフカズカラチャイチェルケス共和国およびダゲスタン共和国で話されている言語。話し手約5万 5000人。カザフ語タタール語などとともにチュルク諸語の北西方言 (キプチャク方言) に分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノガイ語
のがいご
Nogay

トルコ系諸言語の一つ。ロシア連邦北カフカスコーカサス)地方、カラチャエボ・チェルケシア共和国、ダゲスタン共和国などで約6万人(1989)が使用している。トルコ語族のうち中央語派に属し、カラカルパク語などと近い関係にあるが、南方語派からの影響もみられる。ロシア革命前までノガイ文語はなかったが、現在はキリル文字を基礎にした正書法が行われている。[竹内和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノガイ語の言及

【ノガイ族】より

…キプチャク・ハーン国を構成したトルコ系・モンゴル系遊牧民の末裔で,人口7万3700(1989)。チュルク語系のノガイ語を話し,宗教的にはイスラムのスンナ派に属する。13世紀後半,ジュチ・ハーンの曾孫のノガイは,ドン,ドナウ両川間の広大な地域に勢力を扶植したが,彼の子孫エディギュ(エディゲイ)は14世紀末~15世紀初めに事実上の独立国家ノガイ・オルダ(ノガイ・ハーン国)を建て,主都をヤイク川下流のサライチク(サライジュク)に置いた。…

※「ノガイ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノガイ語の関連キーワードチェルケスクいちゃいちゃカフカスチェチェンカフカスの火薬庫カラチャイチェルケスチェルシーカフェ北カフカスイングーシ[共和国]チェルケス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone