コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミバエ ノミバエ Phoridae; scuttle fly

3件 の用語解説(ノミバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミバエ
ノミバエ
Phoridae; scuttle fly

双翅目ノミバエ科に属する昆虫の総称。体長 0.5~6mm。体色は黄色から黒色のものまでさまざまである。頭部は小さく,強く隆起した胸部の前下方に位置する。腹部は短い。肢の腿節は太く,やや側扁する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノミバエ
のみばえ / 蚤蠅
hump backed fly

昆虫綱双翅(そうし)目環縫亜目ノミバエ科Phoridaeの昆虫の総称。体長1~5ミリの小形種が多く、体色は黒色から黄褐色のものが多い。胸背が隆起して後脚が太く、ノミのような体形と活発な動作が特徴。はねには横脈を欠き、前縁基部に集まった翅脈が太く、これから緩やかに4本の細脈が流れるように放射している。無翅の種類もある。便所、ごみ、腐植物、死体などから多数発生し、人家内にも侵入し問題になる。ヨーロッパでは土葬した死体から多量に発生するコニケラ・チビアリスConicera tibialisが、カンオケバエ(英名coffin fly)としてとくに有名である。日本にはオオキモンノミバエMegaselia spiracularisなど30種以上が知られている。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノミバエの関連キーワードキンバエ実蠅虱蠅蚤蠅コウモリバエノミバエ(蚤蠅)ノミバッタ(蚤蝗)フンバエ(糞蠅)ミバエ(果実蠅)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone