コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノラナ violet‐coloured nolana

世界大百科事典 第2版の解説

ノラナ【violet‐coloured nolana】

双子葉植物,ノラナ科の多年草(イラスト)。観賞用に花壇などで植栽される。直根状の根があり,茎は中軸のものはやや直立し,高さ30cmほどになり,分枝匍匐(ほふく)し,ときには1mほどに広がる。葉はやや多肉質で葉柄があり,互生あるいは対生状につき,葉身は卵状あるいは卵状長楕円形で全縁。葉腋(ようえき)から,葉とほぼ同長の花梗を出し,花を頂生する。花は青紫色,直径約3~6cmほどのらっぱ状の合弁花で,花冠の中央部は白く,さらに中心部は黄色で,色彩の対比が鮮麗である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノラナ
のらな
[学]Nolana

ノラナ科ノラナ属の総称。匍匐(ほふく)性の多年草。チリ、ペルーなどの海辺に自生する。6~9月、葉腋(ようえき)にヒルガオに似た紫色、まれに白色の花を鐘状につける。ランセオラータ種N. lanceolata Miers.は鮮青色花で中心が黄白色になる。パラドクサ種N. paradoxa Lindl.は青色花で中心が白色。ほかにプロストラータ種N. prostrata L.などの品種がある。いずれも茎がよく分枝し、成長もよいので、被覆植物として利用する。用土は砂質のものがよく日当りでよく育つ。繁殖は実生(みしょう)で容易にできる。[金子勝巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノラナの関連キーワード南アメリカ双子葉植物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android