コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイダル・ハーン Ḥaydar Khān, `Amū Oghlu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイダル・ハーン
Ḥaydar Khān, `Amū Oghlu

[生]? イランアゼルバイジャン
[没]1921
イランの初期共産党指導者。ギーラーン共和国では大きな役割を果した。イラン立憲革命の際はタブリーズ市民蜂起に参加し,第2議会ではタブリーズからデモクラート党代議士となり,テヘランに革命組織をつくった。 1911年,保守派に爆弾を投げたテロの黒幕として追われてバクーに亡命し,以後国外からイランに働きかけた。ロシア革命の頃共産党員となり,バクー会議ではイラン代表として出席。イラン共産党は統一戦線の立場からギーラーン共和国に参加したが,内部的対立のため,クーチェク・ハーンの手で殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハイダル・ハーンの関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android