コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリッドIC はいぶりっどあいしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハイブリッドIC

セラミックやガラスなどの絶縁基板上に、抵抗やコンデンサ、配線などを敷き、これにトランジスタダイオード半導体チップなどを搭載したIC(集積回路)のこと。抵抗や配線などを蒸着などで作成する薄膜集積回路と、スクリーン印刷で作成する厚膜集積回路の2つがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイブリッドIC【ハイブリッドアイシー】

混成集積回路とも。半導体技術と薄膜技術とを併用したICをいう。また抵抗や導体等を基板上に薄膜または厚膜で作り,トランジスターなどを外付けする混成超小型構造をさす場合も多い。
→関連項目ハイブリッド材料膜集積回路

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイブリッドIC
ハイブリッドアイシー

混成集積回路」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハイブリッドICの関連情報