コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイリル・アンワル ハイリル・アンワル Chairil Anwar

3件 の用語解説(ハイリル・アンワルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイリル・アンワル
ハイリル・アンワル
Chairil Anwar

[生]1922.7.26. 北スマトラメダン
[没]1949.4.28. ジャカルタ
インドネシアの詩人。中学2年で退学後は独学し,オランダの詩人 H.マルスマンらの影響を受けた。 1943年詩壇に登場,たちまち「45年派」の中心的人物となった。 47年,ほかの詩人,画家,音楽家らと芸術団体「闘技場」 Gelanggangを設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイリル・アンワル
はいりるあんわる
Chairil Anwar
(1922―1949)

インドネシアの国民詩人。スマトラ島のメダン生まれ。ジャカルタのオランダ語中等学校中退。「45年世代」文学の先駆者である。インドネシア文学界の大御所アリシャバナによれば、ヨーロッパ(とくにオランダ)文学におけるペシミズムの影響が大きい、という。1943年発表の詩『おれ』Akuは形式、内容ともに斬新(ざんしん)で、古い価値観の否定、自我の確立を主題とする。代表的詩集に『埃(ほこり)の中の轟(とどろ)き』(1949)、『尖(とが)った砂利・奪われそして絶えるもの』(1949)がある。[佐々木信子]
『舟知恵編・訳『ヌサンタラの夜明け――ハイリル・アンワルの全作品と生涯』(1980・弥生書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ハイリル・アンワル
Chairil Anwar


1922 - 1949
インドネシアの詩人。
スマトラ島メダン生まれ。
「45年世代」文化の先駆者として知られ、ジャカルタのオランダ語中等学校中退後、1943年に古い価値観を否定し、自我の確立を主題とした形式、内容ともに斬新な詩「おれ」を発表。彼の作品にはヨーロッパ文学のペシミズムの強い影響がうかがわれる。作品はほかに詩集「尖った砂利・奪われそして絶えるもの」(’49年)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイリル・アンワルの関連キーワードスマトラ北するスマトラ犀スマトラタイガースマトラ虎スマトラ富士マトラ岩グランドモスクメイムーン宮殿スマトラ沖大地震・津波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone