斬新(読み)ザンシン

デジタル大辞泉 「斬新」の意味・読み・例文・類語

ざん‐しん【斬新】

[形動][文][ナリ]趣向発想などがきわだって新しいさま。「斬新技法」「斬新奇抜なアイデア」
[派生]ざんしんさ[名]
[類語]ナウナウいヒップトレンディー新しい真新しい最新新た目新しい新奇現代的先端的モダンアップツーデート耳新しい最新鋭最先端真っ新新式新機軸一生面初耳新説出来立てほやほやニューフレッシュ瑞瑞みずみずしい新鮮生鮮生新清新なま鮮度ぴちぴち取れ立て生き生き生生なまなましい初初ういういしい溌剌はつらつホット新味新風新品生き活気新進新進気鋭新鋭新星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「斬新」の読み・字形・画数・意味

【斬新】ざんしん

まあたらしい。〔甌北詩話、三〕(韓昌黎の詩)沈(期)・宋(之問)創(はじ)めて律詩を爲(つく)りより後、詩格已に備はらざる無し。昌黎(しやうれい)(韓)に至りて斬新開闢(かいへき)し、務めて人の未だらざるを爲せり。

字通「斬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android