コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ2世(聖王) ハインリヒにせい[せいおう]Heinrich II, der Heilige

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ2世(聖王)
ハインリヒにせい[せいおう]
Heinrich II, der Heilige

[生]973.5.6. バイエルン,アプバハ
[没]1024.7.13. ゲッティンゲン近郊グローナ
ザクセン朝最後のドイツ王(在位 1002~24),神聖ローマ皇帝(在位 1014~24)。オットー3世の死後,諸侯の反対を押し切って,1002年ドイツ王となった。1014年2月神聖ローマ皇帝位を獲得。オットー1世以来の帝国教会政策を強力に推進した人物として知られている。前王オットー3世は熱烈な古代崇拝者で数回のイタリア遠征を行なったが,ハインリヒはそれに随行しており,みずからもきわめて教会的な教育を身につけた。そのため教会とは親密な間柄にあり,それが教会政策遂行を助けた。ポーランドのボレスワフ1世と 3度(1004~05,1007~12,1015~18)戦った。イタリアへも 3度(1004,1013~14,1022~23)遠征し,1022~23年にはランゴバルドを破り,ドイツの権威を挽回した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android