コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスミュージック house music

翻訳|house music

デジタル大辞泉の解説

ハウス‐ミュージック(house music)

1980年代後半、米国シカゴのクラブ Warehouse を発火点に世界的に流行したダンス音楽。既成の複数の音源をDJディスクジョッキー)が電子的にサンプリング・編集して聞かせるところに特徴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハウスミュージック【house music】

既成の音源からフレーズを引用してコラージュしたり、打ち込みとミックスしたりすることで作品を作り上げることを特徴とする、ディスコ-ダンス用の音楽スタイル。単にハウスとも。 〔クラブの名「ウェアハウス(Warehouse)」から〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ハウスミュージックの関連キーワードアンビエント・ハウス[ambient house]アシッド・ハウス[acid house]セカンド・サマー・オブ・ラブスロッビング・グリッスルDJYUVONGOESSクラブ・ミュージックハウス・ミュージックアシュ・ラ・テンペルニュー・ウェーブファンクンロールウェアハウスリミックスコラージュビョーク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハウスミュージックの関連情報