コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタンキョウ(巴旦杏) ハタンキョウ

百科事典マイペディアの解説

ハタンキョウ(巴旦杏)【ハタンキョウ】

西アジア原産といわれるバラ科の果樹。モモに近縁だが果実は小さく4〜5cm,扁平なのでヘントウ(扁桃)の名もある。果実の仁の甘い品種(甘扁桃)と苦い品種(苦扁桃)があり,前者はアーモンドアメンドウともいって,食用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のハタンキョウ(巴旦杏)の言及

【アーモンド】より

…園芸上は堅果(殻果)類に属する。ヘントウ(扁桃),ハタンキョウ(巴旦杏),アメンドウともいわれた。アジア西部の原産。…

【スモモ(李)】より

…米桃(よねもも),甲州大巴旦杏(こうしゆうだいはたんきよう)などの品種は明治時代になってから全国的に知られた。ハタンキョウ(巴旦杏。牡丹(ぼたん)杏ともいう)の名は明治時代にニホンスモモの大果品種につけられた名称である。…

※「ハタンキョウ(巴旦杏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハタンキョウ(巴旦杏)の関連キーワードアーモンド(扁桃)スモモ(李)スモモ