コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマニガナ

百科事典マイペディアの解説

ハマニガナ

ニガナ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマニガナ
はまにがな / 浜苦菜
[学]Ixeris repens (L.) A. Gray

キク科の多年草。柔らかく肉質で白い地下茎が長く砂中をはう。互生する葉が砂上に出て、一列に並ぶ。葉は厚く、深く3~5裂し、イチョウの葉に似るので、別名ハマイチョウともいう。茎や葉を切ると、白い乳液が出る。5~7月、短い花茎を出し、ニガナに似た、黄色で径約3センチメートルの頭花を数個つける。小花は舌状花のみからなる。果実は比較的重く、白色の冠毛があるが、あまり飛ばない。海岸の砂地に生え、日本および東アジアに広く分布する。[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハマニガナの言及

【ニガナ(苦菜)】より

…ときに山草家により栽培される。 ニガナ属Ixerisは東アジアの固有属で,約20種あり,日本にはほかに,ノニガナ,ジシバリ,ハマニガナなど9種を産する。ハマニガナI.repens A.Grayは日本全土の海岸の砂地に生育する多年草で,花期は5~7月ころ。…

※「ハマニガナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマニガナの関連キーワード海岸植物銀杏草浜銀杏単葉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android