コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミルカル・バルカス Hamilcar Barcas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミルカル・バルカス
Hamilcar Barcas

[生]?
[没]前229/前228
カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカとも呼ばれる。ハンニバルの父。第1次ポエニ戦争の末期にシチリアカルタゴ軍を指揮してローマを苦しめた。シチリア西部のエルクテ山とエリュクス山上の要塞を拠点にして,前 247~前 242年にかけ巧妙なゲリラ戦を展開。しかし前 241年カルタゴ軍がアエガデス諸島沖でローマに撃破されたため,ローマと和約を結んだ。敗戦後カルタゴに起こった傭兵の反乱の鎮圧に尽力 (前 238年まで) ,その成功により民意を得てカルタゴ民衆党の指導者となった。その後,シチリアをローマに奪われた償いとして,また対ローマ作戦の新根拠地を築くために,ヒスパニア (スペイン) 遠征に乗り出し,スペインの南部,東部を獲得し,戦死するまで祖国復興に尽くした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミルカル・バルカス
はみるかるばるかす
Hamilcar Barcas
(?―前229)

カルタゴの部将。ハンニバルの父。紀元前247年カルタゴ軍の指揮権を受け継ぎ、第一次ポエニ戦争を戦う。シチリアに上陸してローマ軍を破り、イタリア半島沿岸部をクーマエまで略奪する。しかし本国から十分な救援が得られず、前241年シチリアのアエガテス沖の海戦に敗れてローマと和を結んだ。のち帰国し、敗戦による給料未払いのため起こった傭兵(ようへい)の反乱を抑え、政敵ハンノと戦った。前237年新天地を求めて息子ハンニバル、女婿ハスドルバルらとともにイベリア半島へ渡ってガデス(現カディス)からアンダルシア地方を支配下に収め、勢力を拡大した。前229年エルケーの攻囲から引き揚げる途中溺死(できし)した。[田村 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハミルカル・バルカスの関連キーワードハスドルバルヒメラの戦いハンノ田村マゴ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android