ハヤム・ウルク(英語表記)Hayam Wuruk

  • 1334ころ―1389
  • はやむうるく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャワのマジャパヒト王国第4代の王(在位1350~89)。王号はラージャサナガラ。宰相カジャ・マダの補佐を受けて王国の版図をジャワ以外の各地にも広げる一方、国内ではマドゥラ地方の反乱を鎮定し、各地を巡狩して統一を固めたとされる。しかし基本史料の不足から彼の事績を明確にすることは困難で、その支配の性格についても議論の余地が多い。彼の死後マジャパヒト王国は急速に衰え、各地の権力者が分立した。[生田 滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android