コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤム・ウルク ハヤム・ウルク Hayam Wuruk

2件 の用語解説(ハヤム・ウルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハヤム・ウルク
ハヤム・ウルク
Hayam Wuruk

[生]?
[没]1389
ジャワ島に栄えたマジャパイト王国第4代の王 (在位 1350~89) 。本名ラージャサナガラ。宰相ガジャ・マダの補佐により領土を拡大し,王国の最盛期を現出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハヤム・ウルク
はやむうるく
Hayam Wuruk
(1334ころ―1389)

ジャワのマジャパヒト王国第4代の王(在位1350~89)。王号はラージャサナガラ。宰相カジャ・マダの補佐を受けて王国の版図をジャワ以外の各地にも広げる一方、国内ではマドゥラ地方の反乱を鎮定し、各地を巡狩して統一を固めたとされる。しかし基本史料の不足から彼の事績を明確にすることは困難で、その支配の性格についても議論の余地が多い。彼の死後マジャパヒト王国は急速に衰え、各地の権力者が分立した。[生田 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハヤム・ウルクの関連キーワード階乗ジャワ語ジャワ島Nジャワ犀ジャガタラN末端残基Diaz de la Peña,N.《ジャワ島のカービー語について》ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone