コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラム ハラムHallam, Arthur Henry

6件 の用語解説(ハラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラム
ハラム
Hallam, Arthur Henry

[生]1811.2.1. ロンドン
[没]1833.9.15. ウィーン
イギリスの詩人,随筆家。 H.ハラムの子。テニソンの親友でテニソンの『イン・メモリアム』は若くしてウィーンで客死したハラムに捧げられた哀歌である。『遺稿集』 Remains (1834) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハラム
ハラム
Hallam, Henry

[生]1777.7.9. バークシャーウィンザー
[没]1859.1.21. ケント,ペンズハースト
イギリスの歴史家。 1799年オックスフォード大学を卒業して弁護士を開業,その後歴史研究に専念,『中世ヨーロッパ観』 The View of the State of Europe during the Middle Ages (1818) ,『イギリス国制史』 Constitutional History of England (27) ,『15~17世紀ヨーロッパ文学序説』 Introduction to the Literature of Europe in the 15th,16th and 17th Centuries (37~39) などを著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハラム

英国の歴史家。聖職者の家に生まれ,イートンからオックスフォード大学に学び,はじめは法廷弁護士を開業し,印紙税徴収委員を務めた。父の遺産によって歴史研究を志し,《中世ヨーロッパの状態概説》(1818年)を公刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラム【Henry Hallam】

1777‐1859
イギリスの歴史家。弁護士,印紙税徴収委員の後,父の遺産相続をきっかけに1812年に歴史学に専念し,《中世紀ヨーロッパ状態概観》(1818)を公刊。主著《ヘンリー7世即位からジョージ2世崩御に至るまでのイングランド憲法史》2巻(1827)は,ホイッグ党支持者としての偏りが強いが,初めてイングランド政治制度首尾一貫した法的解釈を施した試みとして評価されている。【小山 貞夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハラム【Harām】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のハラムの言及

【ハラーム】より

… ハラームは,メッカのカーバを囲む聖所がマスジド・アルハラーム(聖モスク)と呼ばれるように,神聖不可侵を意味する。ハラームと同じ語根から派生したハラムḥaramは,流血・殺生・伐採禁断の地,つまり聖域を意味し,前イスラム時代にはメッカ周辺の地がハラムとされ,イスラム時代には,メディナ周辺の地,およびエルサレムの岩のドーム,アクサー・モスクを含む区域もハラムとされた。ハレム【後藤 晃】。…

※「ハラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハラムの関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記自伝自伝文学アストリア稲村三伯燕石雑志

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハラムの関連情報