コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリヤナ州 ハリヤナHaryana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリヤナ〔州〕
ハリヤナ
Haryana

インド北西部にある州。 1966年,パンジャブ州からヒンディー語使用地域が分離して成立。州都チャンディーガル (パンジャブ州と共通) 。東縁をジャムナ川が流れ,西部はタール砂漠の北東端部を占める。初期ベーダ時代のアーリア人発展地の東端部にあたり,『マハーバーラタ』の舞台となった。降水量が少く,半乾燥地域であるが,州域の 80%が耕地で,その3分の1以上が灌漑され,雑穀類,米,トウモロコシサトウキビ,ワタ,豆類,ムギ類が栽培される。工業は,製糖綿織物が中心で,トラクタ,電機,セメント,製紙なども発展しつつある。面積4万 4212km2。人口 1631万 7715 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハリヤナ州の関連キーワードクルクシェトラマヘンドラガルパーニーパットアンバーラカルナールアムバーラグルガオンヒサールビワーニロータクシムラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリヤナ州の関連情報