コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリヤナ州 ハリヤナHaryana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリヤナ〔州〕
ハリヤナ
Haryana

インド北西部にある州。 1966年,パンジャブ州からヒンディー語使用地域が分離して成立。州都チャンディーガル (パンジャブ州と共通) 。東縁をジャムナ川が流れ,西部はタール砂漠の北東端部を占める。初期ベーダ時代のアーリア人発展地の東端部にあたり,『マハーバーラタ』の舞台となった。降水量が少く,半乾燥地域であるが,州域の 80%が耕地で,その3分の1以上が灌漑され,雑穀類,米,トウモロコシサトウキビ,ワタ,豆類,ムギ類が栽培される。工業は,製糖綿織物が中心で,トラクタ,電機,セメント,製紙なども発展しつつある。面積4万 4212km2。人口 1631万 7715 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハリヤナ州の関連キーワードマヘンドラガルパーニーパットクルクシェトラアンバーラカルナールアムバーラグルガオンロータクビワーニヒサールシムラ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリヤナ州の関連情報