コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルピュイアイ ハルピュイアイ Harpuiai

3件 の用語解説(ハルピュイアイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルピュイアイ
ハルピュイアイ
Harpuiai

ギリシア神話の女怪。海ポントスの息子タウマスとオケアノスの娘エレクトラの間に生れた,旋風を人格化した存在で,数は通常2人だが,3人とされることもある。翼をもつ女,あるいは人間の女の顔をした鳥の姿に表わされ,死者の魂を鋭い爪でつかみ冥府に運ぶとみなされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハルピュイアイ

ギリシア神話の風の精,また女の頭をもった3羽の怪鳥。単数形ハルピュイア。人や物,食物をかすめ,食卓を汚すという。
→関連項目エレクトラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハルピュイアイ【Harpyiai】

ギリシア神話の怪物。単数形はハルピュイアHarpyia。一般に複数形で語られる。その名は〈掠(かす)める女たち〉の意。もともと風の精であったらしく,ホメロス叙事詩では,人間をさらっていずこへとも知れず運び去る旋風にすぎないが,のちに有翼の乙女,または女の顔をもった猛禽となり,食卓を襲って食物を掠め,残りの食物もひどい悪臭で台無しにする貪欲で汚らわしい存在と考えられた。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハルピュイアイの関連キーワードエイレイテュイアカリテスヒュギエイアルピュイギリシャ神話ルピュイアンブレー《ギリシア神話》ハルピュイアヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone