コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハレアカラ Haleakala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハレアカラ
Haleakala

アメリカ合衆国,ハワイマウイ島東部にある火山。標高 3055m。世界最大の噴火口をもち,その周囲約 32km,面積約 50km2,深さ約 760m。火口原一部は,森林,一部は草地放牧が行われている。 18世紀中頃に最後の火山活動があった。かつてはハワイ国立公園の一部であったが,1961年ハレアカラ国立公園に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハレアカラ(Haleakala)

米国ハワイ州、マウイ島東部にある楯状火山。標高3055メートル。1790年を最後に大きな噴火はない。頂部の火口周辺は荒涼とした景観が広がり、かつて宇宙飛行士月面着陸の訓練が行われた。ハワイ諸島固有の植物ギンケンソウが生育し、一帯はハレアカラ国立公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android