ハンナラ党(読み)ハンナラとう(英語表記)Grand National Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンナラ党
ハンナラとう
Grand National Party

韓国の政党。 1997年 11月,大統領選挙の直前にキム・ヨンサム (金泳三) 大統領主導のもとに,新韓国党と第3野党の民主党が合党して成立。党名の「ハン」は大きい,1つ,韓の意味を表わし,「ナラ」は国をさす。 96年に新韓国党の母体となった民主自由党の元総裁であるノ・テウ (盧泰愚) 元大統領が政治献金疑惑で訴追されたのを受け,新韓国党のイメージを一新するために合併・新党設立へと踏み切った。 97年 12月の大統領選挙ではイ・フェチャン (李会昌) 総裁が出馬し 38.7%の得票率を得たが,自由民主連合と提携した金大中に敗れた。しかし国会では過半数を占めており,国会と大統領府で立場が逆転する結果となった。 98年8月党大会では再び李会昌を総裁に選出。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ハンナラ党

ハンナラは「ひとつの国」「偉大な国」といった意味。盧泰愚(ノ・テウ)政権下の与党民主自由党、金泳三(キム・ヨンサム)政権下の与党新韓国党の流れをくみ、金大中(キム・デジュン) ・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で野党となった。国会内では第1党だったが、2004年4月の総選挙を前に、盧武鉉大統領の弾劾訴追を進め、世論の猛反発を受けて敗北し、党勢立て直しのため、故朴正熙 (パク・チョンヒ)大統領の長女、朴槿恵(パク・クネ)氏を代表に据えた。07年12月の大統領選を控えて、朴氏は代表を辞し、元ソウル市長の李明博(イ・ミョンバク)氏と公認を争った。李氏が公認をとり、大統領選にも勝利してハンナラ党への政権交代を実現した。

(2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハンナラ党【ハンナラとう】

新韓国党と民主党が合同して1997年に結成された韓国の保守政党。ハン・ナラは「大いなる国」または「一つの国」という意味。2008年2月に就任した李明博大統領の与党。李政権発足直後の国会では,統合民主党に次ぐ第2党だったが,2008年4月の総選挙で4年ぶりに院内第1党の座に復帰した。軍事政権の流れを汲む親米保守系議員も多く,比較的親日的とされるが,基本的には民族主義が強く,独島問題や従軍慰安婦問題では厳しい対日批判に転じる。2012年12月の大統領選挙では朴槿恵候補を擁立,野党統合民主党の文在寅候補と接戦を展開したが,朴槿恵候補が勝利し,ハンナラ党は二代続けて大統領与党となった。北朝鮮は一貫してハンナラ党を敵視しており,南北対話再開は難しい局面が続いている。
→関連項目セヌリ党朴槿恵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android