コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンナラ党 ハンナラとうGrand National Party

4件 の用語解説(ハンナラ党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンナラ党
ハンナラとう
Grand National Party

韓国の政党。 1997年 11月,大統領選挙の直前にキム・ヨンサム (金泳三) 大統領主導のもとに,新韓国党と第3野党の民主党が合党して成立。党名の「ハン」は大きい,1つ,韓の意味を表わし,「ナラ」は国をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ハンナラ党

ハンナラは「ひとつの国」「偉大な国」といった意味。盧泰愚(ノ・テウ)政権下の与党民主自由党、金泳三(キム・ヨンサム)政権下の与党新韓国党の流れをくみ、金大中(キム・デジュン) ・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で野党となった。国会内では第1党だったが、2004年4月の総選挙を前に、盧武鉉大統領の弾劾訴追を進め、世論の猛反発を受けて敗北し、党勢立て直しのため、故朴正熙 (パク・チョンヒ)大統領の長女、朴槿恵(パク・クネ)氏を代表に据えた。07年12月の大統領選を控えて、朴氏は代表を辞し、元ソウル市長の李明博(イ・ミョンバク)氏と公認を争った。李氏が公認をとり、大統領選にも勝利してハンナラ党への政権交代を実現した。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハンナラ‐とう〔‐タウ〕【ハンナラ党】

セヌリ党の旧称。
[補説]ハンナラは「大いなる国」などの意。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンナラ党【ハンナラとう】

新韓国党と民主党が合同して1997年に結成された韓国の保守政党。ハン・ナラは「大いなる国」または「一つの国」という意味。2008年2月に就任した李明博大統領の与党。
→関連項目セヌリ党朴槿恵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ハンナラ党の関連キーワード香港映画ホンダ・インターナビASEANスペイン映画武幸四郎日産ディーゼル 大型低床路線バスEBS(電子制御ブレーキシステム)ブルガリア文学草野満代イマヤス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンナラ党の関連情報