コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンナラ党 ハンナラとうGrand National Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンナラ党
ハンナラとう
Grand National Party

韓国の政党。 1997年 11月,大統領選挙の直前にキム・ヨンサム (金泳三) 大統領主導のもとに,新韓国党と第3野党の民主党が合党して成立。党名の「ハン」は大きい,1つ,韓の意味を表わし,「ナラ」は国をさす。 96年に新韓国党の母体となった民主自由党の元総裁であるノ・テウ (盧泰愚) 元大統領が政治献金疑惑で訴追されたのを受け,新韓国党のイメージを一新するために合併・新党設立へと踏み切った。 97年 12月の大統領選挙ではイ・フェチャン (李会昌) 総裁が出馬し 38.7%の得票率を得たが,自由民主連合と提携した金大中に敗れた。しかし国会では過半数を占めており,国会と大統領府で立場が逆転する結果となった。 98年8月党大会では再び李会昌を総裁に選出。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ハンナラ党

ハンナラは「ひとつの国」「偉大な国」といった意味。盧泰愚(ノ・テウ)政権下の与党民主自由党、金泳三(キム・ヨンサム)政権下の与党新韓国党の流れをくみ、金大中(キム・デジュン) ・盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で野党となった。国会内では第1党だったが、2004年4月の総選挙を前に、盧武鉉大統領の弾劾訴追を進め、世論の猛反発を受けて敗北し、党勢立て直しのため、故朴正熙 (パク・チョンヒ)大統領の長女、朴槿恵(パク・クネ)氏を代表に据えた。07年12月の大統領選を控えて、朴氏は代表を辞し、元ソウル市長の李明博(イ・ミョンバク)氏と公認を争った。李氏が公認をとり、大統領選にも勝利してハンナラ党への政権交代を実現した。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハンナラ‐とう〔‐タウ〕【ハンナラ党】

自由韓国党の結党時の称。
[補説]ハンナラは「大いなる国」などの意。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンナラ党【ハンナラとう】

新韓国党と民主党が合同して1997年に結成された韓国の保守政党。ハン・ナラは「大いなる国」または「一つの国」という意味。2008年2月に就任した李明博大統領の与党。
→関連項目セヌリ党朴槿恵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ハンナラ党の関連キーワード7年ぶりの南北(朝鮮)首脳会談戦時作戦統制権移管の米韓合意イ・ミョンバク(李明博)盧武鉉大統領の改憲提案韓国06年統一地方選挙第17代韓国大統領選挙パク・クネ(朴槿恵)朴槿恵(パククネ)氏民主党[大韓民国]概念計画5029韓国の総選挙朴 源弘柳 興洙李 明博韓 昇洙呉 世勲鄭 東泳鄭 夢準姜 在渉権 哲賢

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンナラ党の関連情報