盧泰愚(読み)ノテウ

デジタル大辞泉 「盧泰愚」の意味・読み・例文・類語

ノ‐テウ【盧泰愚】

[1932~2021]韓国軍人政治家。第13代大統領慶尚北道出身。1955年陸軍士官学校卒業。80年全斗煥の後を受け軍保安司令官に就任し、翌年には政界入りした。88年から第13代大統領を務める。ソウルオリンピックを成功させ、当時のソ連中国国交を樹立。退任後、全前大統領と実行したクーデターの罪に問われた。ろたいぐ。→キムヨンサム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「盧泰愚」の意味・わかりやすい解説

盧泰愚【ろたいぐ】

韓国の軍人,政治家。慶尚北道生れ。1955年陸軍士官学校卒業。ベトナム派遣軍の部隊長をつとめる。1979年の朴正煕(ぼくせいき)大統領暗殺事件直後,全斗煥少将ら陸士の同期生と決起して軍の実権を握り,1980年の全政権成立を支えた。1981年陸軍大将で退任してからは民主正義党に属して内相,ソウル五輪組織委員長などを歴任。1987年6月,党代表として言論の自由化などの〈民主化宣言〉を発表,新たな直接選挙制の下で12月の大統領選で当選,1988年就任。1990年金泳三民主党など野党と合同して民主自由党韓国民自党)を結成し総裁。1993年金泳三政権に交代した。1995年全斗煥とともに収賄容疑,内乱罪・反乱罪容疑で法廷に立たされ,1996年懲役17年の判決を受けたが,1997年12月特赦により釈放
→関連項目金大中光州事件大韓民国朝鮮半島非核化宣言

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「盧泰愚」の解説

盧泰愚(ノ・テウ)
Ro Tae-wu

1932~

軍出身の韓国の政治家,大統領(在任1988~93)。慶尚北道大邱(テーグ)の出身。陸軍士官学校を11期生として卒業。全斗煥(チョン・ドゥホアン)将軍盟友として新軍部による政権掌握に参加。1987年6月,大統領直接選挙を含む8項目からなる民主化宣言を発表し,みずからも大統領選挙に出馬して当選する。金泳三(キム・ヨンサム),金鍾泌(キム・ジョンピル)との連合,ソウル・オリンピックの開催,ソ連,中国との国交樹立などに成功した。


盧泰愚(ろたいぐ)

盧泰愚(ノ・テウ)

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android