コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンプ hump

翻訳|hump

デジタル大辞泉の解説

ハンプ(hump)

こぶの意》
貨車を行き先別に仕分けするため、操作場内に設けられた小高い丘。貨車は自重によって傾斜面を下り、行き先のレールに導かれる。
自動車の速度を落とさせるため、道路上に設ける高さ10センチほどの凸部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハンプ【hump】

こぶ。小丘。
貨車操車場で、仕分線の手前に設けた小丘。貨車をこの小丘に押しあげ、反対側の下り勾配を貨車が惰力で走行する間に、行き先別に仕分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android