コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシェル効果 ハーシェルこうかHerschel effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーシェル効果
ハーシェルこうか
Herschel effect

写真乾板やフィルムを,青色光または紫外線に露光したのち,赤色光または赤外線にもう一度当ててから現像すると,初めの露光による黒化度が弱まる現象で,発見者 J.ハーシェルの名にちなんで命名。初めの露光によってできた現像核 (潜像) の中性銀が,赤色光または赤外線によってイオン化され,潜像が消滅するためと考えられている。この効果は赤外線写真や特殊な写真表現手段に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のハーシェル効果の言及

【赤外線写真】より


[特殊な赤外線写真]
 銀塩を使った写真フィルムは,撮影後,赤色光や赤外線を一様に照射すると撮影によってできた潜像が破壊されて現像できなくなる。これをハーシェル効果Hershel effectという。これを利用して赤外線写真を撮影することができる。…

※「ハーシェル効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーシェル効果の関連キーワード焼き出しハーシェル効果

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android