コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハージブ ハージブḥājib

2件 の用語解説(ハージブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハージブ
ハージブ
ḥājib

イスラム諸国における官職名。侍従を意味するアラビア語で,ウマイヤ朝時代が初例。宮廷制度の整ったアッバース朝時代から要職となった。カリフの側近にいて重臣や外国使節の謁見の世話をし,権勢をふるった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハージブ【ḥājib】

イスラム諸国で,一般民衆が支配者に近づかないよう入口を守り,認められた者のみを会わせる役目を果たす,ほぼ〈侍従〉と訳される官職。アラビア語で,動詞ḥajaba(妨げる)の派生語。ウマイヤ朝初代カリフ,ムアーウィヤ1世のときから採用され,多くはマワーリー出身者で地位は低かったが,アッバース朝時代になると,宰相(ワジール)に次ぐ高位の官職となり,しばしば両者は対立した。スペイン後ウマイヤ朝では,ハージブは東方のそれと異なり,支配者を側近や一般大衆から守るとともに,支配者とワジール下級官吏との間の仲介者の役割も果たしたので,ワジールよりも高い最高の地位を占め,政治について支配者の重要な補佐役となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone