ハージブ(英語表記)ḥājib

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハージブ」の解説

ハージブ
ḥājib

イスラム諸国における官職名。侍従を意味するアラビア語で,ウマイヤ朝時代が初例。宮廷制度の整ったアッバース朝時代から要職となった。カリフ側近にいて重臣外国使節謁見の世話をし,権勢をふるった。後ウマイヤ朝では宰相権限を有し,マムルーク朝では行政裁判権をもっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ハージブ」の解説

ハージブ【ḥājib】

イスラム諸国で,一般民衆が支配者に近づかないよう入口を守り,認められた者のみを会わせる役目を果たす,ほぼ〈侍従〉と訳される官職。アラビア語で,動詞ḥajaba(妨げる)の派生語。ウマイヤ朝初代カリフ,ムアーウィヤ1世のときから採用され,多くはマワーリー出身者で地位は低かったが,アッバース朝時代になると,宰相(ワジール)に次ぐ高位の官職となり,しばしば両者は対立した。スペインの後ウマイヤ朝では,ハージブは東方のそれと異なり,支配者を側近や一般大衆から守るとともに,支配者とワジールや下級官吏との間の仲介者の役割も果たしたので,ワジールよりも高い最高の地位を占め,政治について支配者の重要な補佐役となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android