コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハード・バップ hard bop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハード・バップ
hard bop

1950年代中頃のニューヨークを中心に盛んになったジャズ。その演奏に 1940年代のバップの再現を思わせるものがあったのでこう呼ばれた。モダン・ジャズのなかでも熱狂的な即興演奏を特徴とする。おもな演奏者は A.ブレーキー,S.ロリンズら。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハード・バップの言及

【ジャズ】より


[モダン・ジャズの成熟]
 1950年代後半にいたり,それまで鳴りをひそめていたニューヨークの黒人ジャズが人気を盛り返した。グループ表現という点ではやや無秩序だったバップ・イディオムを,コンボ形式の中で修正し,しかもインプロビゼーションimprovisation(即興演奏,アドリブと同意)を主体としたマイルス・デービス,ソニー・ロリンズ(T.ロリンズ),アート・ブレーキーArt Blakey(1919‐90,本名Abdullah Ibn Buhaina),マックス・ローチら黒人によるモダン・ジャズは,〈ハード・バップhard bop〉と呼ばれ,その力強く直截な表現は,ウェスト・コーストの白人プレーヤーによる,近代音楽との融合に傾いた実験的なジャズを圧倒する勢いをみせた。このころからアフリカでは黒人指導者たちによる独立が相次ぎ,アメリカ国内にあっては白人・黒人の共学問題,バス・ボイコット運動,公民権獲得運動など黒人差別撤廃の動きが大きくなった。…

※「ハード・バップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハード・バップの関連キーワードキャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴブラウン(Clifford Brown)マクリーン(Jackie McLean)モダン・ジャズ[modern jazz]クリフォード・ブラウン=マックス・ローチゴードン(Dexter Gordon)ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズガーランド(Red Garland)クラーク(Sonny Clark)ア・ブローイング・セッションアフリカン・アメリカン音楽フライト・トゥ・ジョーダンモダン・ジャズ・カルテットミッドナイト・スペシャルサキソフォン・コロッサスリー・モーガンVol.3ブリリアント・コーナーズクール・ストラッティンアワ・マン・イン・パリハード・バップ・ジャズ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android