コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーナウ ハーナウHanau

3件 の用語解説(ハーナウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーナウ
ハーナウ
Hanau

ドイツ中部,ヘッセン州の都市。フランクフルトアムマインの東約 20km,マイン川沿岸に位置する。 1303年市制。長い伝統をもつダイヤモンド加工,金,銀,プラチナ細工などの宝石・貴金属加工と取引が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハーナウ(Hanau am Main)

ドイツ中部、ヘッセン州の都市。マイン川と支流キンツィヒ川の合流地点に位置し、中世より交通の要衝として発展。グリム兄弟の生誕地。カッセルを経てブレーメンに至るメルヘン街道の南の起点。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーナウ
はーなう
Hanau am Main

ドイツ中部、ヘッセン州の都市。人口8万8300(2000)。マイン川と右岸の支流キンツィヒ川との合流点に位置し、古来、交通上の要地。12世紀に築かれた城の周囲に発達した集落は、1303年に都市権を得た。16世紀末には、旧教徒の為政者に迫害されたベルギーオランダからの新教徒亡命者を受け入れ、整然とした区画の新市街が建設された。童話で知られるグリム兄弟の生地で、カッセルを経てブレーメンに至るいわゆる「メルヘン街道」の起点。ライン・マイン工業地域の東端にあり、伝統工業の繊維、貴金属加工、宝石研摩のほか、タイヤ工業などが立地する。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーナウの関連情報