コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカオウレン

百科事典マイペディアの解説

バイカオウレン

オウレン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカオウレン
ばいかおうれん / 梅花黄蓮
[学]Coptis quinquefolia Miq.

キンポウゲ科の常緑多年草。地下茎は細長く横にはう。茎は高さ約10センチメートル。葉は硬く光沢があり、掌状に5全裂し、長さ、幅ともに約2センチメートル以下。花は3~5月、茎頂に1個ずつつき、純白で径約1.5センチメートル。果実は袋果(たいか)で側面に1本の脈がある。名は、花形がウメの花を思わせることによる。また葉がウコギ(五加木)に似るのでゴカヨウオウレン(五加葉黄蓮)の名もある。本州、四国の亜高山帯の針葉樹林内に生える。屋久(やく)島や台湾には、地下茎が短く、全体が大形となる変種オオゴカヨウオウレンが分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバイカオウレンの言及

【オウレン(黄蓮∥黄連)】より

… オウレン属Coptisには15種があり,東アジアと北アメリカ西部に分布する。日本にはほかに葉が掌状に5裂し,花弁状の5萼片が発達し目立つバイカオウレン,ミツバオウレンなど5種があり,山草として栽培されたり,薬用に利用されたりする。【田村 道夫】
[薬用]
 根茎を黄連という。…

※「バイカオウレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイカオウレンの関連キーワードミツバオウレン五加葉黄連越路黄蓮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android