コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウコギ ウコギ Acanthopanax sieboldianus

3件 の用語解説(ウコギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウコギ
ウコギ
Acanthopanax sieboldianus

ウコギ科の落葉低木で,ヒメウコギとも呼ばれる。中国原産であるが,生垣に植えられたものが野生化していることもある。枝は灰白色で鋭い針をもち,長枝と短枝の区別がある。葉は5小葉の掌状複葉,深緑色で長い柄があり,長枝には互生し,短枝では密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウコギ

ヒメウコギとも。中国原産の落葉低木。生垣に植えられ,野生化もする。枝はよく茂ってとげがあり,葉は掌状に5小葉に分かれる。初夏に葉腋に黄緑色で5弁の小花を散状につけ,花柱は5中裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウコギ
うこぎ / 五加木
[学]Acanthopanax sieboldianus Makino

ウコギ科の落葉低木。ヒメウコギともいう。高さ3メートル。枝は灰褐色で刺(とげ)があり、地表につくと根を出して新苗となる。葉は普通5枚の小葉からなる掌状複葉で、長さ3~10センチメートル、長い葉柄がある。小葉は鋸歯(きょし)があり、厚く無毛。花は5~6月、短枝の先に単生した径約2センチメートルの散形花序につき、淡黄色。雄しべ5本、子房は5~7室。花序の柄は葉柄と等長かあるいはより長い。雌雄異株。果実は球形で5~7稜(りょう)があり、黒く熟す。本州に野生化したものもみられるが、原産地は中国。名は中国名の五加の唐音ウコと木の日本読みギとからなる。生け垣としてよく植栽される。ウコギ属はアジア東・南部に固有で約30種からなり、日本には8種が自生する。[門田裕一]
 若芽はほろ苦味を有し、香りも強く、香味野菜として用いられ、ゆでて浸し物や和え物などにし、刻んで塩味をつけ、飯に炊き込む。葉は茶の代用にもなる。ウコギの根の皮をはぎ乾燥したものを五加皮(ウーチヤーピー)とよび、芳香を有し強壮剤として使われている。五加皮に多くの漢薬を混ぜてつくる中国の五加皮酒(ウーチヤーピーチウ)は、強壮滋養酒として昔から使われている。[齋藤 浩・星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウコギの関連キーワードマユミウコギ科五加小米空木楤の木針蕗タラの芽エゾウコギウコギ(五加)ヒメウコギ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウコギの関連情報