コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガモヨ Bagamoyo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バガモヨ
Bagamoyo

タンザニア東部,インド洋にのぞむ港湾都市。プワニ州の州都。ダルエスサラームの北西 75kmに位置する。かつてはタンガニーカ湖東岸のウジジからのアラブ人隊商路の終点で,アラブ人による奴隷積出し港として知られた。地名はスワヒリ語の bwagamoyoに由来し,「魂をこの地に残す」の意。 1887~91年にはドイツ東インド会社の本社がおかれた。 D.リビングストンが建てた聖堂が残り,同聖堂付属のリビングストン博物館がある。人口約1万 6000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バガモヨ(Bagamoyo)

タンザニア東部、インド洋岸の都市。ダルエスサラームの北西約70キロメートルに位置する。ザンジバル島に面し、19世紀半ばに奴隷や象牙の積出港として栄えた。19世紀末から20世紀初頭にかけて、ドイツ領東アフリカの首都が置かれた。奴隷貿易に関する遺構やドイツの要塞跡などが見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バガモヨの関連キーワードジャカヤ・ムリショ キクウェテカオレ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android