コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクガ

栄養・生化学辞典の解説

バクガ

 チョウ目(鱗翅類)キバガ科の昆虫[Sitotroga cerealella]で,食品に害をもたらす.体長5〜6mm.貯蔵しているムギやトウモロコシ,もみ米を食害する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バクガ

鱗翅(りんし)目キバ科。開張15mm内外,灰褐色幼虫は貯蔵中の,ときに米を食害する害虫。発生は年2〜5回で,穀粒中に幼虫で越冬。第1回の成虫の多くは野外に出て麦の穂などに産卵し,孵化(ふか)した幼虫は麦粒に食い入って屋内に収められる。全世界に分布。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android