コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッカル buccal

翻訳|buccal

デジタル大辞泉の解説

バッカル(buccal)

口の中にふくみ、粘膜から徐々に吸収させる錠剤。ふつう頰(ほお)と歯茎の間に入れておく。性ホルモン剤などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バッカル【buccal】

医薬品が最初に肝臓で代謝されないために工夫された投与形態。錠剤を口腔内の臼歯外側に置いて徐々に唾液に溶かして粘膜から吸収させる。主にホルモン剤に用いる。 → 舌下錠ぜつかじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッカル
ばっかる
buccal

口腔(こうくう)錠。口腔中に投与される錠剤で、歯ぐきと頬(ほお)の間のくぼみに入れて、唾液(だえき)によって徐々に溶解させ、口腔粘膜からゆっくり吸収させて、薬物の全身作用を期待するものである。錠剤の崩壊を遅くするようにつくられ、硬度が大である。性ホルモン、消炎酵素がこの剤形で用いられる。同じく口腔中に投与され、口腔粘膜から吸収されて全身作用を発揮させる剤形に舌下錠がある。これは迅速に吸収されるようにつくられているところがバッカルとの相違点である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バッカルの関連キーワードルイス・スアレスカウボーイ口内錠剤形

バッカルの関連情報