バッファー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バッファー

処理速度に差がある装置間に緩衝として設置されるメモリー。処理の速い装置が処理の遅い装置の速度に合わせてしまうと、全体の速度が落ちるため、データをいったんバッファーに蓄えておくことで、処理の速い装置の待ち時間を減らす。バッファーには、高速なメインメモリーの一部や、専用のメモリーが使用される。たとえば、CPUとディスク装置やプリンターなどの周辺装置との間にバッファーが設けられ、両者の処理速度の違いを緩和する。CPUは処理後のデータをバッファーに転送したあとは、すぐに次の仕事に取りかかれる。一方、バッファーは受け取ったデータをディスクやプリンターなどに対して、小出しに転送する。これにより、CPUは周辺装置の処理を待つことなく動作でき、システム全体の処理速度が向上する。バッファーの例としては、プリンター・バッファーやハードディスクのドライブ・バッファー、ストリーミング配信のバッファーなどがある。データをバッファーに記録することをバッファリングという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッファー
ばっふぁー
buffer

コンピュータで、処理速度の異なる装置の間に置いて、双方の速度差を埋めるために使われる機器のこと。緩衝装置。バッファともいう。
 一般的に、CPU(中央処理装置)と比べて他の部品や周辺機器は動作速度が遅い。そのため、ただ単に両者を接続しただけでは、データをやりとりする際にCPUに待ち時間が発生して全体の処理速度が落ちることや、データの一部を取りこぼしてエラーになることがある。それらの問題を回避するため、データをメインメモリーの一部や専用メモリーなどに一時保存してから、遅い機器の動作にあわせてデータを送信するのがバッファーの役割である。ハードディスクや各種ドライブデータとの読み書き、プリンターへのデータ転送などで利用される。
 たとえば、プリンターが実際に印刷する速度は、通信速度や処理速度と比べるとかなり遅い。そこで、印刷データをメモリーに一時的に蓄えておき、印刷にあわせて再送信することで円滑に印刷できるようになる。これはプリンターバッファーとよばれる。
 また、CPUにデータを転送する前、通信速度と処理速度の差を埋めるために使われることも多い。インターネット経由で動画を見る場合、通信速度やサーバーの処理能力などの影響で、データ遅延を起こしてスムーズに再生されないことがある。バッファーにデータを仮保存しておいて、ある程度蓄えられてからデータを送れば、とぎれなく再生できるようになる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バッファー

〘名〙 (buffer)
① (列車などの)緩衝装置。また、緩衝の役目をはたすもの。〔万国新語大辞典(1935)〕
② 「バッファーメモリー」の略。
③ マニキュア用の爪磨き。
※整容(1940)〈小幡恵津子〉「バッファーを使って磨き立て爪の光沢をだす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バッファーの関連情報