バップ(英語表記)bop

翻訳|bop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バップ
bop

1940年代に生れたジャズ演奏法の一種で,ビー・バップまたはリー・バップとも呼ばれた。それまでのスイングの演奏と比べ,ハーモニーメロディー,リズムの面でまったく新しく,3連音を用いて高度な技術を必要とし,モダン・ジャズ出発点となった。奏者としては D.ガレスピー,C.パーカーらが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バップ

ジャズのスタイルの一つ。ビバップとも。1940年代中期からニューヨークを中心に流行。それまでのスイング・ジャズ(スイング)に代わって,不協和音,複雑なリズム,明瞭でない旋律線などが多用された。D.ガレスピー,C.パーカーらが創始者とされ,1950年代以降のいわゆるモダン・ジャズの母体となった。
→関連項目クール・ジャズジャズパウエルブレーキーホーキンスボーンモンク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バップの関連情報