コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バップ bop

翻訳|bop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バップ
bop

1940年代に生れたジャズ演奏法の一種で,ビー・バップまたはリー・バップとも呼ばれた。それまでのスイングの演奏と比べ,ハーモニーメロディー,リズムの面でまったく新しく,3連音を用いて高度な技術を必要とし,モダン・ジャズ出発点となった。奏者としては D.ガレスピー,C.パーカーらが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バップ

ジャズのスタイルの一つ。ビバップとも。1940年代中期からニューヨークを中心に流行。それまでのスイング・ジャズ(スイング)に代わって,不協和音,複雑なリズム,明瞭でない旋律線などが多用された。
→関連項目クール・ジャズジャズパウエルブレーキーホーキンスボーンモンク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

バップの関連キーワードキャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴクリフォード・ブラウン=マックス・ローチモダン・ジャズ[modern jazz]ザ・マグニフィセント・サド・ジョーンズZ.O.E. Dolores, iジャズ・アット・マッセイ・ホールア・ブローイング・セッションフライト・トゥ・ジョーダンブリリアント・コーナーズサキソフォン・コロッサスミッドナイト・スペシャルブリッツクリーグ・バップスタディ・イン・ブラウンリー・モーガンVol.3アワ・マン・イン・パリザ・シーン・チェンジズハード・バップ・ジャズセロニアス・ヒムセルフクール・ストラッティントニー ウイリアムス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バップの関連情報