バドゥラ・スコダ(読み)ばどぅらすこだ(英語表記)Paul Badura-Skoda

日本大百科全書(ニッポニカ)「バドゥラ・スコダ」の解説

バドゥラ・スコダ
ばどぅらすこだ
Paul Badura-Skoda
(1927―2019)

オーストリアのピアノ奏者。生地ウィーン市立音楽院でピアノと指揮法を学んだのち、ルツェルンエドウィンフィッシャー師事。1948年デビュー。スケールは大きくないが伝統に誠実であるのが評価されて各地で活動、第二次世界大戦後のウィーン楽界の第一世代として注目され、とくにデムスと組んだピアノ二重奏が評判になった。1960年(昭和35)初来日。モーツァルトベートーベンの研究家として知られ、1970年代に入って以後、演奏活動よりウィーン音楽院での教育、および各種の楽譜校訂に力を注いだ。

[岩井宏之]

『渡辺護訳『モーツァルト演奏法と解釈』(1963・音楽之友社)』『高辻知義・岡村梨影訳『ベートーヴェン ピアノ・ソナタ――演奏法と解釈』(1970・音楽之友社)』『デイヴィッド・デュバル著、横山一雄訳『ピアニストとのひととき』上・下(1992・ムジカノーヴァ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android