バナナセセリ(英語表記)Erionota torus

世界大百科事典 第2版の解説

バナナセセリ【Erionota torus】

セセリチョウ科の昆虫。幼虫がバナナ害虫として知られるところからこの名がある。大型で開張6.5~7.5cm。地色暗褐色で前翅に数個の黄紋がある。このチョウは本来インド北部からアッサムを経てインドシナにかけての熱帯に分布しているものであるが,1971年に沖縄本島沖縄市(旧コザ市)で発見され,以後75年ころまで大発生を続け,分布地域を拡大し,バナナにかなりの被害を与えた。その当時,やはりもともとすんでいなかったハワイおよびマリアナ諸島サイパン島グアム島でも大発生し,駆除対策が立てられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android