コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナナセセリ Erionota torus

1件 の用語解説(バナナセセリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バナナセセリ【Erionota torus】

セセリチョウ科の昆虫。幼虫がバナナの害虫として知られるところからこの名がある。大型で開張6.5~7.5cm。翅の地色は暗褐色で前翅に数個の黄紋がある。このチョウは本来インド北部からアッサムを経てインドシナにかけての熱帯に分布しているものであるが,1971年に沖縄本島の沖縄市(旧コザ市)で発見され,以後75年ころまで大発生を続け,分布地域を拡大し,バナナにかなりの被害を与えた。その当時,やはりもともとすんでいなかったハワイおよびマリアナ諸島サイパン島グアム島でも大発生し,駆除対策が立てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone