コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナナセセリ Erionota torus

世界大百科事典 第2版の解説

バナナセセリ【Erionota torus】

セセリチョウ科の昆虫。幼虫がバナナ害虫として知られるところからこの名がある。大型で開張6.5~7.5cm。地色暗褐色で前翅に数個の黄紋がある。このチョウは本来インド北部からアッサムを経てインドシナにかけての熱帯に分布しているものであるが,1971年に沖縄本島沖縄市(旧コザ市)で発見され,以後75年ころまで大発生を続け,分布地域を拡大し,バナナにかなりの被害を与えた。その当時,やはりもともとすんでいなかったハワイおよびマリアナ諸島サイパン島グアム島でも大発生し,駆除対策が立てられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バナナセセリの関連キーワードセセリチョウチョウ(蝶)

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android