コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ババブーティ Bhavabhūti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ババブーティ
Bhavabhūti

中インド,パドマプラの劇作家。8世紀前半頃在世。名作『マーラティー・マーダバ』など3編のサンスクリット劇を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ババブーティ

8世紀ころのサンスクリット劇作家。カーリダーサと比肩する作家として有名。《マーラティーマーダバ》はインド古典劇中の傑作で,荘重高尚な筆致で書かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ババブーティ【Bhavabhūti】

8世紀のサンスクリット劇作家。生没年不詳。中インドのパドマプラのバラモンの家に生まれ,ベーダの学に通じ,諸派の哲学にも通暁した。カニヤークブジャのヤショーバルマン王(在位730‐740ころ)の宮廷詩人として王の庇護をうけた。3編の戯曲を残し,その名声はカーリダーサと並び称されている。彼の作品は荘重で高尚な趣を主とし,こっけい,機知の要素に乏しく,道化役の登場しないことも特徴である。代表作《マーラティーマーダバMālatīmādhava》は10幕から成り,パドマーバティー国の宰相の娘とビダルバ国の宰相の息子との恋愛がさまざまな波乱を生んで,二人がめでたく結婚する経緯を物語っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ババブーティ【Bhavabhūti】

八世紀頃のインドの劇作家。サンスクリット古典劇中の代表的な恋愛劇「マーラティー-マーダバ」を書いた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ババブーティ
ばばぶーてぃ
Bhavabhti

生没年不詳。インドの劇作家。活躍期は8世紀。中部インドのパドマプラのバラモンの出身で、ベーダの諸学に通じ、各派の哲学を究めた。歴史家カルハナによれば、彼はカニヤークブジャのヤショーバルマン王(在位730~740ころ)の庇護(ひご)を受けたという。恋愛劇『マーラティーマーダバ』、英雄ラーマの物語を題材とし、後世流行したラーマ劇の基をなした『マハービーラチャリタ』、ラーマ王子が首都凱旋(がいせん)後の物語を脚色した『ウッタララーマチャリタ』の三編の戯曲がある。[田中於莵弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ババブーティの関連キーワードインド演劇カービヤ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android