バプテスト教会(読み)バプテストキョウカイ

デジタル大辞泉「バプテスト教会」の解説

バプテスト‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【バプテスト教会】

キリスト教プロテスタント一派幼児洗礼を認めず、自覚的な信仰告白に基づき、浸礼による洗礼を行う。17世紀初めイギリス国教会の聖職者であったジョン=スミスによって始められ、米国に渡って発展。日本には1860年、米国の宣教師ゴーブルによって伝えられた。浸礼教会バプテスト派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「バプテスト教会」の解説

バプテスト‐きょうかい ‥ケウクヮイ【バプテスト教会】

〘名〙 キリスト教新教の一派。一六〇八年イギリス人J=スミスがアムステルダムで組織。幼児洗礼を認めず、個人の自覚的信仰告白に基づく受洗を主張する。日本への伝道は万延元年(一八六〇)J=ゴーブルの来日に始まる。
※風俗画報‐二〇三号(1900)新石町「東京第一バプテスト教会」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android