バラスト水(読み)バラストスイ

デジタル大辞泉の解説

バラスト‐すい【バラスト水】

積み荷の重量と合わせて船体を安定させるために、船底タンクなどに注入する海水。→バラスト1
[補説]荷物が多くなると排出され、荷物が少なくなると停泊中の港の海水が注入される。環境の異なる海水域からの生物が持ち込まれることもあり、生態系の破壊や病原菌の侵入などが問題となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バラスト水

荷物を載せていない船は浮きすぎて安定しないため、バランスを保つために船内に取り込む海水。別の国で積み荷を搬入する時に排水する。取水の際には海中微生物も取り込んでおり、それらが生息しない地域で排水されると、繁殖して周辺の生態系を破壊する恐れがある。欧州原産のカニが日本国内で、北アジアのワカメが豪州南部で見つかった例がある。

(2014-01-28 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

バラストすい【バラスト水】

バラストに使用される水。通常、荷物が積みおろしされる寄港地で補塡、排出されるが、水に混入している生物が、本来の生息地とは異なる地域で排出されることになるため、生態系に影響を与える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バラスト水の関連情報