コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラン Paul Alexander Baran

世界大百科事典 第2版の解説

バラン【Paul Alexander Baran】

1909‐64
ウクライナ出身のアメリカマルクス経済学者。フランクフルトブレスラウベルリン,ハーバードの諸大学に学び,のちスタンフォード大学準教授,教授(1948‐64)。主著《成長の経済学The Political Economy of Growth》(1957)で,潜在的な経済余剰の不生産的浪費を廃止し,社会的に合理的な計画によって潜在的経済余剰を適切に配分できるならば,貧困の悪循環を断ち切ることができるという,独自の開発理論を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バラン

東宝特撮映画に登場する怪獣。初登場作品『大怪獣バラン』(1958)での身長は50メートル。水陸両棲の恐竜で手足にある被膜を使って空を滑空する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラン
ばらん
Paul Alexander Baran
(1910―1964)

アメリカの代表的なマルクス経済学者。ウクライナ生まれ。1920年からドイツに住み、フランクフルト大学ベルリン大学に学んだのち、39年アメリカに渡り、ハーバード大学に学ぶ。49年スタンフォード大学準教授、51年から死去まで同教授。「経済余剰」という概念を使って、後進性の原因を分析し、後の「従属理論」(先進資本主義国の経済発展は、第三世界の低開発と機能的に関連していると主張する)の事実上の創始者とみなされている。主著に『成長の政治経済学』(1957)、『独占資本』(1966、スウィージーとの共著、没後刊行)などがある。[岸本重陳]
『浅野栄一・高須賀義博訳『成長の政治経済学』(1960・東洋経済新報社) ▽小原敬士訳『独占資本』(1967・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバランの言及

【コンピューターネットワーク】より

…このような共用によって個々のユーザーには安いコストのサービスが提供できるようになっている。 コンピューターネットワークの歴史は,1961年頃のマサチューセッツ工科大学のレオナード・クラインロックLeonard Kleinrock,あるいはアメリカ,ランド社のポール・バラン(Paul Baran)のパケット交換方式の発明から始まったといわれている。その後,世界で初めてのパケット交換方式のコンピューターネットワークARPAnet(Advanced Research Project Agency Network)がアメリカの高等研究計画局ARPAのプロジェクトで開発された。…

※「バラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バランの関連キーワード伊藤博文スバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用

バランの関連情報