コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリサール バリサールBarisāl

2件 の用語解説(バリサールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリサール
バリサール
Barisāl

バングラデシュ南部,クルナ州の都市。クルナ東南東約 85km,アリアールカーン川の分流バリサール川西岸に位置。ガンジスデルタ水運網の主要港で,米,ジュート,ビンロウなどの集散,加工,チッタゴンへの移出の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バリサール【Barisāl】

バングラデシュ南部,メグナ河口部の分流アリアール・ハーン川に面する商業都市。人口19万(1991)。19世紀後半には同川の流路はパドマ川の主要分流であったので,内陸地方への門戸として栄えた。当時はここで外航船から川船への積替えがなされた。周辺には養魚池が多く,そこで養殖される鯉などの魚のほか米,ジュート,サトウキビや皮革類を集散する。製油,製粉,セッケンなどの諸工業が立地する。【応地 利明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone