バルツェロウィチ・プラン(英語表記)Balcerowicz-Plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルツェロウィチ・プラン
Balcerowicz-Plan

1989年 10月に発表されたポーランドの経済改革プログラム。マゾウィエツキ内閣のレシェク・バルツェロウィチ副首相兼大蔵大臣が中心となって作成した。国際通貨基金 IMFおよび世界銀行の意向が強く反映されている。 1991年末をめどに計画経済から市場経済へ移行することを目標とし,急進的アプローチをとる,いわばショック療法的な改革プログラムであった。内容は経済安定化と構造改革の2本柱であり,前者は価格の自由化,貿易の自由化,緊縮的な金融・財政政策が実施された。一方,後者は国営企業民営化,税制改革,資本市場の導入などを計画したが,政治的な不安定からその進捗は遅れた。国営企業の民営化,価格の自由化,補助金の削減など思い切った手段を短期間に次々と打ったため,ポーランドの工業生産は 1992年に黒字に転じ,1993年には国内総生産 GDPがソビエト連邦・東ヨーロッパ圏で初めて約4%の成長をみせた。しかし,失業者を大量に生み出し,貧富の差を拡大するなどマイナス面も多く,1993年9月の総選挙では左翼が躍進,旧共産党系を中心とした政府が誕生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android